肩こり・スポーツでのケガの専門院

もりいち鍼灸接骨院・整体院

もりいち鍼灸接骨院・整体院 09057099532
tel:09057099532  相談間受付中
@相談受付中

腰痛で病院に行っても「様子を見ましょう」で終わってしまう原因

  • HOME
  • >
  • 院長コラム
  • >
  • 腰痛で病院に行っても「様子を見ましょう」で終わってしまう原因

2022年6月10日

腰が痛くて病院に通ったけれど、湿布を出されて「とりあえず様子を見てみましょうね」と言われてしまった方は多いはず。

 

こんなに痛いのに!なんで何もしてくれないんだ!

そう憤ってしまうのも分かります。

 

結論から言うと、一部の腰痛を除いて、ほとんどの種類の腰痛は病院に行っても治りません。

これは、病院が無能だと言っているわけではなく、「病院が出てくるまでも無い」と言うことです。

 

 

ほとんどの腰痛の原因はあなた自身の習慣にある

病院に行くと、ほとんどの場合「原因不明」とされます。

たまに、椎間板ヘルニアや腰椎分離症などの診断をされることがありますが、そうではないことが多いです。

 

それもそのはず、痛みが出たのはあくまで結果であって、根本となる原因は別のところにあるからです。

 
 

例えば、腰を曲げる時に起こる腰痛は臀部やハムストリングスに硬さがあることが原因だったりします。

脚の後ろ側が硬くなることにより、骨盤の前傾がしにくくなる。

 

→結果、腰を過度に曲げてしまい痛みが生じる。

 
 

このような感じです。

悪い動作を続けた結果、腰椎分離症にまで至れば病名が付きますが、骨などに明らかな異常が発見できない場合は原因不明とされるわけです。

 
 

こういった腰痛は病院でどうこうする以前の問題で、あなたの普段の生活習慣などを修正していくことで大幅に改善できるものなのです。

 
 

治してもらう意識では、絶対に治らない

身体の痛みが出ると、多くの人は「自分ではどうしようもない」と考えて誰かに治してもらうものだと考えがちです。

 

確かに、自分だけではどうしようもないかもしれません。

でも、それは原因が分からないから、対処ができないでいるだけという状態です。

 

あなたの痛みの根本原因を見つけてくれる身体のスペシャリストがいれば、あとはその人にサポートしてもらいつつ自分自身でセルフケアに取り組むだけで「病院に行っても湿布を渡されるだけだった腰痛」が改善したりします。

 

痛みの原因となる生活習慣は、あなた自身が直そうとしなければ改善できません。

それもそのはず、24時間のうちのほとんどの時間を、あなた自身の生活習慣により腰に負担をかけ続けているからです。

 

でも、そのことに気づきさえすれば

「あっ、この動きは腰が痛くなる動きだな」と修正できるようになります。

 

その感覚が分かれば、様々な痛みを予防することにもなります。

 
 

あなたの腰痛の根本原因を見つけます

もりいち鍼灸接骨院では、痛みの根本原因を見つける独自メソッドを用いて施術をします。

 

このメソッドを用いた施術プランにより、これまでにも多くのお客様の根本改善を成功させてきた実績があります。

改善事例はこちら↓

https://moriichi-ss.com/youtsu.html

  
 

あなたが持つ自然治癒力を引き出し、本当の意味での改善を提供したいと思います。

 

マッサージをしたのに良くならなかった、色々な整体を試したけれどまた痛みが出るようになったという方は、ぜひ一度、当院へお越しください。

pagetop