痛みコラム

美容

美容のための栄養素とは

2023.12.29

2023.12.29

美容のために、普段から食事に気をつけている方も多いかと思います。

 

美容に良い栄養素の代表的なものとして、ビタミンとミネラルがあります。

特に、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEといったビタミンが重要です。

また、亜鉛やセレンなどのミネラルも大切となります。

 

今回は、美容に重要な栄養素について説明しますので、最後まで読んで、日頃の食生活の参考にしてみてください。

森下一美プロフィール

 

 

ビタミンA

ビタミンAはコラーゲンの生成を促進し、皮膚の弾力性を維持します。

これによりしわやたるみの予防に役立ちます。

 

また、皮脂の分泌を調整し、過剰な皮脂分泌を抑制することでニキビなどの肌トラブルの予防につながります。

※ただし、ビタミンAの過剰摂取には注意が必要です。

 

【ビタミンAが多く含まれる食材】

レバー、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、卵黄、バター

 

 

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの合成を促進します。

コラーゲンは皮膚、髪、爪などの主要な構成要素であり、肌の弾力性やハリを維持するのに重要です。

 

さらに、ビタミンCは強力な抗酸化物質であり、細胞を酸化ストレスから守ります。

これにより、紫外線ダメージから肌を保護し、メラニンの過剰な生成を抑制し、シミやそばかすの形成を軽減します。

 

【ビタミンCが多く含まれる食材】

オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ライム、いちご、パパイヤ、キウイフルーツ、ピーマン、パプリカ、ブロッコリー

 

 

ビタミンE

ビタミンEは強力な抗酸化物質であり、体内の細胞を酸化ストレスから守ります。

これにより、肌の老化やシミの予防に役立ちます。

 

また、肌の保湿をサポートし、乾燥からくる肌荒れを防ぎます。

その結果、柔らかく滑らかな肌を維持できるようになります。

 

さらに、ビタミンEは傷の治癒を促進する働きもあり、小さな傷であれば早い修復につながるでしょう。

 

【ビタミンEが多く含まれる食材】

アーモンド、ひまわりの種、かぼちゃの種、ひまわり油、小麦胚芽油、アボカド油、オリーブ油、ほうれん草、ケール、クレソン、アボカド、鮭、さんま、まぐろ

 

 

亜鉛

亜鉛は皮脂の分泌を調整する役割があります。

過剰な皮脂分泌はニキビや吹き出物の原因となることがあり、亜鉛の摂取によってこれを抑制できます。

 

また、亜鉛は抗酸化物質であり、細胞を酸化ストレスから守ります。

これにより、肌の老化やダメージを軽減し、健康的な肌を維持します。

 

さらに、亜鉛は傷の治癒を促進する役割もあるので、肌の傷や損傷が早く回復し、美しい肌を維持できます。

※亜鉛の過剰摂取には注意が必要です。

 

【亜鉛が多く含まれる食材】

牛肉、鶏肉、サバ、マグロチーズ、ヨーグルト、レンズ豆、ひよこ豆、黒豆、アーモンド、カシューナッツ

 

 

セレン

セレンは抗酸化作用を持つミネラルで、細胞を酸化ストレスから保護します。

これにより、肌の老化やダメージを軽減し、健康的な肌を維持します。

また、免疫機能のサポートもしてくれます。

 

さらに、セレンはタンパク質の代謝に関与しているため、肌や髪の健康に重要なタンパク質の生成や修復が効率的に行われるようになります。

※セレンを過剰に摂取することには注意が必要です。

 

【セレンが多く含まれる食材】

ブラジルナッツ、さんま、鮭、卵、穀物、鶏肉、牛肉、豚肉

 

 

まとめ

ここまで、栄養素の解説をしてきましたが、いかがでしょうか。

現代では日本人の多くが、今回紹介した栄養素も含めて不足状態であると言われています。

そのことが、肌の状態だけでなく、様々な不調に繋がっているとも考えられています。

 

栄養素が不足すると体の機能に影響が及ぶため、「疲れやすい」「だるい」「気分が晴れない」「肌が荒れる」などの不定愁訴、ひいては病気につながることがあります。

そのため、若い世代ほど毎日の生活で肉や魚、野菜などの摂取量を増やし、特に不足しているV.A、V.B1をはじめとするビタミンB群、V.C、カルシウム、マグネシウム、鉄(特に女性)、亜鉛、食物繊維などの積極的な補給が必要です。

https://www.tanaka-cl.or.jp/aging-topics/topics-084/ より

 

栄養は普段の食事から摂取するのが一番ですが、難しい場合は、サプリメントをうまく活用してみるのも効果的です。

 

もりいちでは、肌の健康に関する正しい知識や、肩こりや腰痛などの慢性疾患の改善方法などを発信しています。

ぜひインスタグラムも登録してみてください。

1年後、あなたに劇的な変化が起きているかもしれません。

→もりいちのインスタグラムはこちら