痛みコラム

その他

ストレッチポールで腰痛が悪化してしまう使い方とは

2022.02.18

2023.10.06

※本記事には広告を含みます

腰痛を治したいからストレッチポールを使ったら、逆に悪化した…

 

そんなことになっていませんか?

 

結論から言うと、ストレッチポールで腰痛が悪化するのは

「腰痛の根本原因を教えてもらったことがないから」です。

 

今回は、ストレッチポールで腰痛が悪化する使い方と、その理由について見ていきましょう。

 

 

原因を取り除かなければ、腰痛は改善しない

ストレッチポールで腰を圧迫する女性の写真。

あなたは、腰が痛いからといって↑の写真のように「ストレッチポールを身体に対して横にして、腰の部分だけを 圧迫」していませんか?

 

実は、このようにして痛い場所を圧迫しても腰痛は根本的には改善しません。

なぜなら、あなたの腰痛は腰とは別のところに原因があることが考えられるからです。

 

例えば、もも裏のハムストリングスが硬くなることでも腰に負担がかかって腰痛になることがあります。

ですので、その場合は腰にストレッチポールを使っても根本改善にはならないのです。

 

しかも、腰の部分の骨である「腰椎」は、たくさん動ける構造にはなっていません。

それなのに、ストレッチポールでそらし過ぎてしまったりすると、負担が大きくなり痛めてしまうことがあります。

 

腰痛の根本原因については以前のコラムでも詳しく書いていますのでよかったらご覧ください。

→意外なところに原因があるかも?腰の張りについて

 

 

すでに痛めてしまったらどうすれば良いのか

では、すでに腰を痛めてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

痛めた直後であれば患部に炎症が起きている場合もあるので、自分で揉んだりすることはあまりオススメできません。

 

できれば、痛い箇所をほぐすだけのマッサージではなく、その痛みを引き起こしている根本原因についても教えてくれる治療院などに相談をしてみましょう。

 

 

↓特許済み!寝る整体まくらもオススメ

首・肩・腰の痛みを寝てるうちに治したい!

 

さて、腰痛の根本原因を知るには…

 

・ハムストリングスの硬さ

・胸椎の可動域

・股関節外旋六筋の状態

などなど

 

身体全体の状態をみた上で、その人に合った治療方法を探していかないといけません。

「腰痛にはこれ!」と一概には言えないのです。

 

ですので、まずは専門家に相談しましょう。

 

 

あなたの腰痛の根本改善のお手伝いをします。

ストレッチポールで腰痛が悪化する原因について見てきましたが、あなたは当てはまりましたでしょうか。

腰痛はそもそも、根本となる原因が腰以外にあることも少なくありません。

 

あなたの日常の中での「腰に負担のかかりやすい動き」が蓄積して、症状として表れます。 そんな動きになってしまっている身体の各部の硬さなどを改善してあげることも大切なのです。

 

もりいち鍼灸接骨院では、その症状を引き起こしている原因となる『本当の原因』を突き止める根本治療を目指 しています。

 

・筋膜リリース

・骨盤調整

・鍼灸

 

などの治療のほか、患者様自身が取り組めるセルフケアもお伝えします。

身体のことでお悩みで、少しでも当院に興味を持っていただけたら、ぜひお気軽にお電話ください!

↓肩こり腰痛などの改善実績89.4%の治療家が用い、寝ているうちに体が整う“整体まくら”はご存じ?

首・肩・腰の痛みを寝てるうちに治したい!