肩こり・スポーツでのケガの専門院

もりいち鍼灸接骨院・整体院

もりいち鍼灸接骨院・整体院 09057099532
tel:09057099532  相談間受付中
@相談受付中

坐骨神経痛とくしゃみの関係とは

2022年11月4日

 

「くしゃみをすると、坐骨神経痛の症状が強くなる」こんな悩みを抱えている方はいませんか?

今は大丈夫と思っているあなたも、坐骨神経痛は加齢によって発症するリスクが高くなるため、注意が必要です。

 

また長時間のデスクワークや運動不足など、生活習慣の悪化によっても発症します。

原因と対策を知って、改善や予防をしていきましょう。

 

 

 

坐骨神経痛とは

まずはじめに、坐骨神経痛とはどんなものかを簡単に説明します。

坐骨神経とは、腰のあたりから足先まで繋がっている、人体の中で最も長い神経です。

 

この坐骨神経が圧迫もしくは引っ張られた状態になると、ピリピリした痛みや痺れが起こります。

ひどい場合は歩行が困難になったり、何もしなくても痛みが出ることもあるので、注意が必要です。

 

坐骨神経は長いため、お尻や脛、ふくらはぎなど、痛みが出る場所も様々です。

 

なお、坐骨神経痛は疾患ではなく症状です。

その原因となる疾患は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがあります。

 

医師の診察を受け、原因をはっきりさせることが、非常に大切です。

坐骨神経痛に関する記事は他にもあるので、参考にしてみてください。

 

https://moriiti.com/2795

https://moriiti.com/2811


 

 

くしゃみとの関係性

くしゃみをすると、お腹や腰に圧力がかかります。

これが坐骨神経を圧迫、もしくは引き伸ばされるなどして、痛みを引き起こすと考えられます。

 

簡単な対処法としては、壁や机に手をつくなどして、負荷を逃す方法が一般的です。

しかしこれは一時的な対処法に過ぎず、根本改善がされる訳ではありません。

 

根本改善するために、ストレッチで背骨やその周辺の筋肉を伸ばし、緊張をほぐすことも有効ですが、誤ったやり方をしてしまうと逆効果になることもあります。

 

まずは専門家の指導を受け、坐骨神経痛の改善に取り組むことが必須と言えます。

 

 

まとめ

先述した通り、坐骨神経は長いため、痛みの原因や箇所は人によって異なります。

専門家に診てもらい、自分に合った治療やトレーニングをすることが、根本改善への近道と言えます。

 

もりいち鍼灸接骨院では、独自のメソッドを用いて根本原因を見つけ、一人一人に合ったセルフケアをお伝えしています。

この方針により、多くの方が自分の習慣を変えることに成功し、痛みの起きにくい身体を手にいれています。

  

以下のページではこれまでの事例も掲載させていただいておりますので、ぜひご覧ください。

 

https://moriichi-ss.com/index.html

pagetop