肩こり・スポーツでのケガの専門院

もりいち鍼灸接骨院・整体院

もりいち鍼灸接骨院・整体院 0857-30-6722
tel:0857-30-6722  相談間受付中
@相談受付中

膝の痛みを感じる際に疑われる5つの原因

膝をおさえる男性

1. 加齢による膝の痛み

加齢による膝の痛みは、一般的に40代から50代にあらわれるといわれ、多くは「変形性膝関節症」というものです。
膝のクッションの役割をしていた「軟骨」がすり減って弱くなり、骨と骨が接触することで炎症がおこり痛みがあらわれ、症状が進むと骨が変形してしまい、O脚になっていきます。

変形性膝関節症になりやすい人は、長期間にわたって膝に負担をかけていた人や、元からO脚の人など。他にも、加齢による膝の「半月板」のすり減り、膝関節にある「腱」や「じん帯」の炎症が原因で、膝の痛みを引き起こすことがあります。

2. 太りすぎによる膝の痛み

太りすぎていると、膝への負担が大きくなり痛みにつながることも。体重が増加してしまうと、膝にある軟骨や半月板にかかる負荷が大きくなります。

太りすぎは「変形性膝関節症」になり兼ねないため、日々の生活に注意が必要です。また、膝に痛みがあると運動がつらくなるため、減量しにくくなってしまうケースも。
すでに歩くだけで膝に痛みがある場合は、無理に運動をすると膝への負担が大きくなり、痛みを悪化させてしまう可能性も。食生活の見直しやストレッチ、プールの利用など、体重をコントロールするようにしましょう。

3. 運動不足による膝の痛み

運動不足で膝周りの筋力が低下すると、膝の痛みの原因になる場合があります。膝を支えている「筋肉」が運動不足でおとろえると、「軟骨」や「半月板」などに負荷を与えてしまいます。
負荷のかかた膝は「炎症」や「変形性膝関節症」の原因となり、そのため、膝まわりの筋肉は運動やストレッチで鍛えておきましょう。

一度、すり減った膝の「軟骨」や「半月板」は、自然に治癒することはありません。酷く摩耗ししまうと、日常生活に支障が出るほか、治療や手術が必要になります。

4. 関節リウマチによる膝の痛み

膝をおさえる女性

関節リウマチは「自己免疫疾患」とよばれ、手足の関節が炎症し破壊されていく病気です。女性の罹患率が男性の3~4倍とされ、発症年齢は30代から40代に多くみられます。

関節リウマチは、徐々に症状が進んでいく病気です。膝も関節です。そのために、関節リウマチが膝の痛みの原因となることも。関節が破壊されていくと「骨」や「軟骨」などに影響をおよぼし、変形していきます。
そのまま症状がすすむと変形した状態で、関節が固まり動かすことが困難に。ただし、早期発見で治療を開始すれば、進行をおさえ関節の機能が保たれます。

pagetop